ここでは、各支部主催で行われるセミナーの情報を掲載いたします。

▼小学校英語教育学会(JES)愛知支部第21回研究会・LET中部支部小学校英語教育 研究部会第62回研究会 及び、平成23年度日本教育大学協会研究助成「大学院レベルにおける英語内容 学と英語教育学の協同による英語科の教員養成・教師養成の研究会」合同研究会

趣旨:「新しい英語教育を創る」をテーマに研究会を開催したいと思います。奮っ てご参加下さい。
日時:平成24年1月21日(土) 10:00−17:00
場所:名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎 
主催:小学校英語教育学会(JES)愛知支部・LET中部支部小学校英語教育研究 部会
参加費:無料
連絡先:高橋美由紀(愛知教育大学) miyukit@auecc.aichi-edu.ac.jp 〒448-8542 愛知県刈谷市井ヶ谷町広沢1 愛知教育大学   TEL&FAX 0566-26-2243
プログラム:
10:00 受付
10:20−10:30 開会式 
10:30−12:00 報告発表と交流 『小学校外国語活動と中学校英語教育を円滑に繋ぐための指導−実践報告』   発表者:三重県津市立新町(しんまち)小学校      林 佳織教諭      一宮市立萩原中学校      樋田禎美 講師      コメンテーター・司会:高橋美由紀(愛知教育大学)           
13:40−14:40 基調講演「小中連携の英語教育に、英文法をどう指導するか?」  講 師:有働 眞理子(兵庫教育大学教授)
14:50−16:50 シンポジウム 「新しい教材をどう使用するか?−新英語ノートHi,freiends! と来年度の中学 校教科書」−英語教育と言語学の立場から 柳善和(名古屋学院大学教授)「デジタル教科書の効果とその指導」 谷明信(兵庫教育大学教授)  「絵本や物語の効果的な指導法ーマザーグースの言語文化的背景と指導法」 北條礼子(上越教育大学教授) 「教材・教科書の指導法を実証的研究に活かすために」 高橋美由紀(愛知教育大学) 「小中連携を円滑にするための指導法」
16:50−17:00 閉会式

▼ちばてっく(Chiba Teaching English to Children)第13回研究大会

日時:2012年2月11日(土)13:00〜18:10
場所:千葉大学 西千葉キャンパス  教育学部 2111教室 (教育学部2号館 1階)   http://www.chiba-u.ac.jp/access/nishichiba/nishichiba_map.html     JR線 西千葉駅から 徒歩7分    京成線 みどり台から 徒歩7 分 (駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。)
スケジュール

12:30〜     受付
13:00〜13:10 開会の挨拶 
13:10〜13:45 大山友子先生(館山市立北条小学校) 『探究活動とテレビ電 話を取り入れたプロジェクト型の外国語活動〜英語話者との対話 を通した発信 力の養成〜』
13:45〜14:15 勝山ひとみ先生(あぜりあ Language School) 『タイ学校視 察報告(タイ学校教育の傾向)』
14:15〜14:30 休憩
14:30〜15:15 菊池優子先生(EFL Arena主宰) 『Slow but Sure ―子どもか ら学んだ指導法と効果があった活動例―』
15:15〜16:45 小泉清裕先生(昭和女子大学附属昭和小学校) 『小学校英語 活動で本当に大切なこと』

16:45〜16:55 閉会の挨拶 
17:10〜18:10 懇親会
問い合せ: ちばてっく(JES千葉支部)事務局 〒263-8522 千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33  E-mail: chiba.u.eigo[@]gmail.com ([@]を@に変更し送信して下さい)

▼ 小学校英語教育学会(JES)岐阜支部・大垣市小学校英語自主研 合同研修会のお知らせ
  小学校英語活動指導法ワークショップ

 今年も、小学校英語教育学会(JES)岐阜支部研修会を、大垣市 小学校英語活動自主研と共同で行うことになり、下記のように計画を致しました。 講師には静岡大学教育学部准教授・小学校英語教育学会(JES)の理事である 矢野先生をお迎えし、小学校英語教育のあり方について学び合いたいと思います。 英語活動の実践が進む中、意見交流の場として研鑚を深め合えればと考えていま す。おさそい合わせの上ご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。
日時:平成24年2月18日土曜日 9:30〜12:00
主催:小学校英語教育学会(JES)岐阜支部
共催:大垣市小学校英語自主研合同研修会
会場:岐阜市ハートフルスクエアーG(JR岐阜駅ナカ・東側)2F [研修室50]
対象:小中学校教員、小学校英語教育に関心のある方、教職志望の学生(定員50 名)
会費:無料 会の終了後 ランチタイム懇親会を行います(実費)
連絡先(連絡先代表者氏名含む):小学校英語教育学会岐阜支部事務局 種田  美弥子
               (大垣市教育総合研究所 Tel0584-74-6666  Fax 0584-74-6697)
                または、岐阜大学教育学部 巽 徹  ttatsumi@gifu-u.ac.jp

▼小学校語教育学会(JES)京都支部 第1回立ち上げ記念講演会

日時:2月19日(日)13:00〜17:00(受付12:30〜)
場所:キャンパスプラザ京都 第3講義室  (京都市下京区西洞院通塩小路下る、JR京都駅より徒歩3分、JR京都駅ビル駐車 場西側、ビックカメラ前) http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=585&frmCd=14-3-0-0-0
主催:小学校英語教育学会(JES)京都支部
内容:
13:00〜    開会のあいさつ、趣旨説明 泉 惠美子(JES京都支部代表、京 都教育大学)
13:05〜14:10 講演「外国語教育と小学校教育としての外国語活動の成果と課題」          直山 木綿子(文部科学省初等中等教育局教育課程課・国際 教育課 教科調査官、                 国立教育政策研究所教育課程研究センター  教育課程調査官)
14:20〜15:20 講演・ワークショップ「明日の英語活動を考える―イギリスに見 る英語教員研修と教材開発―」          小川 隆夫(前小学校教諭、聖学院大学非常勤講師) 
15:30〜17:00 講演「『英語力向上のための5つの提言』を受けた外国語活動の 進め方」          卯城 祐司(筑波大学大学院教授、JES会長)
17:00〜    閉会のあいさつ 田縁 眞弓(JES京都支部事務局長、立命館小 学校英語科アドバイザー)
定員:150名
参加費(資料代):会員 500円、非会員 1000円 *会場の都合上、参加ご予定の方は以下のメールアドレスにご連絡先をご記入の 上お申し込みください    keetkyoto@gmail.com (事務局:田縁眞弓) 当日受付あり
照会先:泉 惠美子(TEL&FAX:075-644-8244 研究室直通、e-mail:emiko@ kyokyo-u.ac.jp) 

▼韓国からKim Hyoung Jun先生をお招きし、以下の様に、 「日本と韓国の小学校英語教育」についての研究会を開催致します。 なお、韓国語には通訳をつけます。
「小学校英語教育学会(JES)愛知支部 第22回研究会 ・LET中部支部小学校英語教育研究部会第63回研究会」

日時:平成24年2月19日(日) 10:00~16:30
場所:名古屋学院大学名古屋キャンパス白鳥学舎 http://www.ngu.jp/outline/access.html
主催:小学校英語教育学会(JES)愛知支部・LET中部支部小学校英語教育研究部会
参加費:無料
連絡先:高橋美由紀 (愛知教育大学 教育学部 外国語教育講座)    
E-mail : miyukit@auecc.aichi-edu.ac.jp
内容:
10:00~10:10 開会式 10:10~11:10 日本と韓国の小学校英語教育教材について         テキスト・電子黒板等         発表者:Kim Hyoung Jun(韓国テグ市Cheongrim小学校教諭)             →通訳有り            :加藤拓由(愛知県春日井市立神屋小学校教諭)
11:20~12:40 明日からの授業に役立つ実践指導とその理論         巽徹(岐阜大学)         (1) ティーム・ティーチングの進め方         高橋美由紀(愛知教育大学)         (2)文字指導         (3)コミュニケーション活動          新しい英語ノート『Hi, freiends』について 13:40~14:30 明日からの授業に役立つ実践指導とその理論         柳善和(名古屋学院大学)         (4)評価         (5)マルチメディア教材(電子黒板等)
14:45~16:15 パネルディスカッション 日本と韓国の小学校英語教育−到達度と関心意欲の調査結果からみえてきたもの         司会:犬塚章夫(愛知県刈谷市立小垣江小学校教頭)         韓国の小学校英語教育(テグ市Cheongrim小学校の事例より)         発表者 Kim Hyoung Jun Cheongrim小学校教諭→通訳有り         日本の小学校英語教育(岡崎市英語特区の事例より)         発表者 白井直美 (岡崎市立本宿小学校校長)
16:20~16:30 閉会式